2012年

5月

02日

ニコニコ動画:Zeroは何を目指しているのか

 ニコニコ動画:Zeroとは、現在絶賛炎上中の新サービスのことである。現在プレミアムユーザーは有料ベータテスターとして開発者にフィードバックを提出。改善を求めている。(一般ユーザーはまだ利用することができない)

 

 

ニコニコ動画:Zero新プレイヤーの問題点

  • 動画説明文がページ下に置かれてスクロールしないと読めない
  • コメント入力部分が動画プレイヤー中央にある
  • 市場の位置変更(動画プレイヤーの左に大きく表示)
  • 黒を基調としたオサレなデザイン(賛否両論)
  • マウスオーバーで現れるタグと大百科リンク
  • 無駄にでかい動画タイトル名(長いと改行されてカッコ悪い)
  • 生放送のプレイヤーは原宿仕様に近くてマシな点
  • その他もろもろ

 

 

 何故ここまで荒れたのか。それは「原点回帰」というテーマがすべてだろう。古参のニコ動ユーザーは「あの頃のニコニコが帰ってくるのか…!」と心躍らせ期待していた。だが、蓋を開けてみれば新サービスのエレクトリカルパレード。シンプルにまとめるなんてトンデモナイ。斜め上を行くサービスの押し売りだった。多くのユーザーは思った「原点回帰って言いたかっただけやろ!」と。

 そして「これは流行る(*´ω`*)」と自信満々に投入されたZeroサービスは、いきなり大きくつまづいた結果となった。

 

 ただ、個人的には「ニコる」は糞コメさせない為のいいアイデアだと思った。誰でも評価されると嬉しいもので、ついつい良いコメントを書こうと頑張っちゃう。悪くない。だが、リアルタイムタグ入力、オメーは駄目だ。


 閣下の言うとおり、目に見える部分だけ強化すればいいんじゃない。とりあえず目の前の問題点を解決してから新しいことをやるべき。快適なサービスを提供できるように努めてほしいが、人を集めることしか考えていない今のニコニコにはもう無理か。

 

 そういえばニコニコって何が面白いのか?と改めて考えてみると、面白いのは動画であってサービス内容じゃないんだよな…。

 

 

 

どうしてこうなった。割りとマジで。


お世話になっています

Bean World

じくよろブログ

サイト内検索